index

index

検索履歴

サーバーに保存した検索履歴は、保存した履歴テーブルにアルファベット順にリストされます。製品の名前が [データベース] カラムに表示されます。

検索履歴を開いて実行するには:

  1. 実行する検索履歴を含む行で [開く] ボタンをクリックします。

  2. [履歴を表示] ページで [実行] ボタンをクリックします。

  3. 必要に応じて、タイムスパンおよび設定を変更します。

  4. [続行] ボタンをクリックして、[検索履歴] ページに移動します。

  5. [検索結果] カラムの数字のリンクをクリックして、[検索結果] ページに移動し、レコードを表示および出力します。

index

検索履歴をワークステーションから開く

コンピューターやローカルネットワークのハードディスクに保存した検索履歴を開くには:

  1. [検索履歴] カラムから検索履歴のチェックボックスをオンにします。

  2. [検索履歴とアラート] オーバーレイの上部で、[ファイルを選択] をクリックします。

  3. 履歴を保存したフォルダーやディレクトリに移動します。

  4. ダイアログボックスで、検索履歴を選択してから [開く] ボタンをクリックして、[履歴を表示] ページに移動します。

  5. [履歴を表示] ページで [実行] ボタンをクリックします。

  6. 必要に応じて、タイムスパンおよび設定を変更します。

  7. [続行] ボタンをクリックして、[検索履歴] ページに移動します。

  8. [検索結果] カラムの数字のリンクをクリックして、[検索結果] ページに移動します。

index

[検索履歴] テーブル

[検索履歴] テーブルは、サーバーに保存した検索履歴のリストを示します。検索履歴は製品のアルファベット、履歴名順に並び替えられます。

index

[検索履歴] カラム

検索結果を履歴ファイルとして保存したときに付けた検索履歴の名前が表示されます。

検索履歴の説明は検索履歴名の下に表示されます。[検索履歴の保存] ページで検索履歴を最初に保存したときに入力した説明です。

[クエリ] フィールドには検索条件が表示されます。例: TOPIC: (amazon river fish*)

ノート: ISI Proceedings で保存した検索履歴の名前には P00[N] というテキストが追加されていました。Web of Science プラットフォームでもこのテキストが追加されます。

index

[データベース] カラム

検索履歴を作成した製品の名前です。[開く] をクリックすると、履歴を作成した製品で検索が実行されます。

index

RSS フィード

RSS (Rich Site Summary) フィードを設定するには:

  1. [RSS フィード] ボタンをクリックして Web ページを表示します。選択した検索履歴ファイルの名前が表示されます。

  2. [このフィードを購読する] リンクをクリックしてダイアログボックスを表示します。

  3. ダイアログボックスの [購読] ボタンをクリックします。

検索履歴の記事が別の著者によって引用されると、自動的に通知されます。アラートを更新しなくても、継続して RSS フィードを受け取ることができます。

index

 アラートステータス

検索アラートのステータスは、オン、オフ、終了の 3 つです。

このカラムには、Email アラートのステータスが表示されます。ステータスがオンの場合は、終了日が表示されます。[更新] ボタンをクリックして、表示されている終了日から 6 か月間アラートを延長できます。

ステータスをオフからオンに変更するには:

  1. 特定の検索履歴の [編集] ボタンをクリックして、オーバーレイに移動します。

  2. 検索履歴の新しい名前と新しい説明を入力します。これらのフィールドはオプションです。

  3. [Email アドレス] フィールドに Email アドレスを入力します。このフィールドは必須です。

  4. Email 形式(テキスト、HTML、EndNote、またはタグ付きフィールド)を選択します。

  5. Email の頻度を選択します。現在検索している製品に応じて、オプション(毎週、毎月、更新ごと、4 更新ごと)が表示されます。

  6. [保存] ボタンをクリックして処理を完了します。

index

[更新] ボタン

アラートのステータスは、オン、オフ、終了の 3 つです。

ステータスがオンまたは終了のアラートおよび有効なアラートの終了日を更新するには、[更新] ボタンをクリックします。ボタンをクリックすると、終了したアラートのステータスがオンに変更されます。また、アラートの終了日が現在の日付から 6 か月延長されます。

index

[削除] ボタン

この機能は、選択した検索履歴あるいはすべての選択履歴を削除します。

  • テーブルから検索履歴を削除するには、削除する検索履歴のチェックボックスをオンにして、[削除] ボタンをクリックします。

  • テーブルからすべての検索履歴を削除するには、[すべて選択] をクリックして、[削除] ボタンをクリックします。

検索履歴の削除を確認するメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。[はい] をクリックした後に、この操作を取り消すことはできません。

index

Email 形式

テキスト

ASCII テキストファイル。

HTML

Hypertext Markup Language。Web ブラウザーで表示するのに最適な形式です。

EndNote

フィールド区切り形式。以下の文献管理ソフトに直接インポートできます。

  • EndNote®
  • Reference Manager®
  • RefWorks
  • Sente
  • Biblioscape

タグ付きフィールド

フィールド区切り形式。以下の文献管理ソフトで使用できます。

  • EndNote
  • Reference Manager

これらの製品を使用している場合は、タグ付きフィールド形式のアラートを選択することを推奨します。インポート処理が簡略化されます。

index

リマインダー - 登録およびサインイン

検索履歴を表示するには、ユーザー登録を行いサインインする必要があります。

index

SAME と検索履歴について

製品の以前のバージョンで作成した検索履歴ファイルを開くときにクエリで SAME 演算子が使用されていると、検索結果が増えます。現在のバージョンでは、([トピック] や [タイトル] など)ほぼすべてのフィールドで SAME 演算子は AND と同じように動作します。

たとえば、検索条件

TS=Bird Migration SAME TS=South America*

は、現在のバージョンでは以下のように自動的に変換され、

TS=Bird Migration AND TS=South America*

オリジナルのクエリよりも返される検索結果が増えます。

このため、製品の以前のバージョンで作成した検索履歴ファイルを開くときにクエリで SAME 演算子が使用されている場合は、必要に応じてクエリを変更してください。

ノート: 例外は [住所] フィールドで、SAME 演算子の規則が適用されます。

index

アラート

アラートは、[横断検索] タブから保存した検索には現在利用できません。

index

以前のバージョンの検索履歴

製品の以前のバージョンで作成した検索履歴ファイルは現在のバージョンで開くことができます。ただし、製品の現在のバージョンで作成した検索履歴ファイルを以前のバージョンで開くことはできません。