index

index

引用マップ

引用マップは、さまざまなビジュアル化ツールと技術を使用して、論文間の引用関係(引用文献と引用記事)を表します。

引用マップを使用して、どの研究者が自分の論文を引用しているかを分析できます。また、著者、年、ジャーナルタイトル、主題分野などにより検索結果を整理、色分けできます。

さらに、刊行物で自分が引用した論文のグラフィックを設定できます。その後、著者、年、ジャーナルタイトル、主題分野などにより検索結果を整理、色分けできます。

index

引用マップの作成

[詳細表示] ページから [引用マップ] リンクをクリックし、引用マップのスタートページに移動します。このページで引用マップの作成を開始できます。

1. 方向を選択します。

フォワードのみ: ページ上部のタイトルバーに名前が表示さている選択したターゲット(フォーカス)レコードを引用しているレコードを表示します。

バックワードのみ: ターゲットレコードが引用しているレコードを表示します。

フォワードとバックワード: フォワードレコードとバックワード レコードを表示します。

2. 世代を選択します。

1 世代 - ターゲットレコードを引用しているレコードまたはターゲットレコードにより引用されているレコードは 1 世代です。デフォルトの世代は、1 です。

2 世代 - ターゲットレコードの引用レコードを引用しているレコードとターゲットレコードの被引用レコードに引用されているレコードは 2 世代です。

3. [作成] ボタンをクリックして引用マップを作成します。

index

[引用マップ] パネル

引用マップが生成され、3 つのパネル付きのウィンドウに表示されます。

  • 上部パネル(引用マップ)は、引用マップのインタラクティブなグラフィックです。引用関係を示すノード(レコード)の引用ツリーで構成されています。

  • 左下のパネル(検索結果セット)には、第一著者、ジャーナル名、記事タイトルとともに引用マップの被引用レコードと引用レコードのサマリーが表示されます。

  • 右下のパネル(レコードビュー)には、ターゲットレコードの [詳細表示] が表示されます。

  • 引用マップの上には引用マップの体裁を管理および制御するメニューとオプションがあります。

[引用マップ] パネル、[検索結果セット] パネル、[レコード表示] パネルのビュー

[引用マップ] パネル、[検索結果セット] パネル、[レコード表示] パネルのビュー

index

[検索結果セット] パネルと [レコード表示] パネル

引用マップウィンドウの左側の部分には、[検索結果セット] パネル(左下)と [レコード表示] パネル(右下)が含まれています。

[検索結果セット] パネルの上の [閉じる] [検索結果セット] パネルと [レコード表示] パネルの [閉じる] アイコン アイコンで、[検索結果セット] パネルと [レコード表示] パネルを閉じたり、引用マップを全画面モードで表示できます。

[開く] [検索結果セット] パネルと [レコード表示] パネルの [開く] アイコン アイコンで、[検索結果セット] パネルと [レコード表示] パネルを再度開き、レコードデータを表示できます。

index

[検索結果セット] パネル

[検索結果セット] パネルには、現在表示中の引用マップで対象とされているすべてのレコードが含まれます。ターゲットレコードは、テーブルの他のレコードと区別できるように、背景が黄色で表示されます。

  • 矢印は、レコードが引用文献であることを意味します。

  • 矢印は、レコードが被引用文献であることを意味します。

引用マップを最初に表示するときは、ターゲットレコードのチェックボックスは常にオンです。

レコードのチェックボックスをクリックして、ノードを選択します(複数選択可)。引用マップでは選択したレコードの周りに赤い境界線が表示されます。[表示] メニューから [ノードの色分けを設定] を選択して、選択した各ノードの引用マップの色を変更します。

カラム見出しの [すべて選択] チェックボックスでは、パネルのレコードをすべて選択できます。

標準のページ移動矢印を使用して、パネルのページ間を移動します。

標準の [表示] メニューで、パネルに表示するレコード件数を 10 件、20 件、50 件、100 件から選択します。

index

[レコード表示] パネル

[レコード表示] パネルには、製品データベースの情報源レコードのフィールドデータが表示されます。レコードが製品データベース内にある場合、レコードの番号/タイトルは [詳細表示] にリンクされます。

引用マップの任意のノードを選択してダブルクリックすると、そのレコードについての詳細表示の詳細を [レコード表示] パネルで参照できます。

以下のことに注意してください。

  • 著者名ではなくグループ著者名が利用可能な場合は、グループ著者名ラベルが表示されます。

  • 利用可能なグループ著者名がない場合、2 重ハイフン (--) が表示されます。 

購読に Chinese Science Citation Index が含まれている場合、一部の書誌事項データは英語と中国語両方で表示されます。

index

[管理] メニュー

[管理] メニューでは、新しい引用マップを作成し、引用マップを編集可能なイメージとして保存できます。

index

編集

[編集] オプションでは、引用マップの方向と表示する世代数を変更できます。[編集] オプションを選択した場合は、現在のターゲットレコード用に引用マップのスタートページが表示されます。

index

[表示] メニュー

[表示] メニューで、さまざまなレコードフィールドに従って、引用ツリーノードの順番、カラーコード、ラベルを指定できます。

index

印刷

[印刷] ボタンは、引用マップイメージを表示するポップアップブラウザーウィンドウを開きます。右上の [印刷] リンクをクリックして、イメージを印刷します。

index

年の範囲

引用マップの作成後、[年の範囲] 機能を使用して、年の範囲の上限と下限を設定します。左右の矢印を移動して、年の範囲を調整します。たとえば、1995 年から 2005 年までに発行されたレコードが表示されるように範囲を設定できます。

[マップの再作成] ボタンをクリックして、引用マップを再描画し、選択した年の範囲内のレコードのみを表示します。マップの再描画後、[検索結果セット] パネルには、ターゲットレコードを含む再描画された引用マップに表示されているレコードのみがリストされます。[レコード表示] パネルのターゲットレコードは変わりません。

ターゲットレコードの日付外の範囲の年には調整できないことに注意してください。

index

クイック変更ボタン

引用マップをすばやく設定するのに役立ちます。

[展開]: 引用マップで現在中央に配置されているノードの周囲のスペースを展開します。

[折りたたみ]: 引用マップで現在中央に配置されたノードの周囲のスペースを折りたたみます。折りたたむことにより、色の関係を迅速に把握できます。

[ルートドキュメントを中央に表示]: 引用マップで元のターゲットノードを中央に配置します。

[新しい引用マップを作成]: [管理] メニューから作成する場合と同様に新しいマップを作成します。

index

例 - 出版年による引用パターン

この例は、出版年による引用関係と被引用関係を示します。時間の経過により引用パターンが変化する様子が示されています。

  1. 「引用マップの作成」セクションのステップ 1 - 3 のステップにしたがいます。

  2. [ノードの並べ替え] メニューから [出版年] を選択します。年代順にノードが配置されます。

  3. [ノードの色分け] メニューから [出版年] を選択します。同じ年に出版されたレコードがすべて同じ色になります。

  4. [ノードのテキストを設定] メニューから [著者名] を選択します。著者名が表示されます。

  5. [閉じる] アイコンをクリックして、[検索結果セット] パネルと [レコード表示] パネルを閉じ、引用マップが良く見えるようにします。

出版年と著者名別に整理、色分けされた引用マップ

index

システム要件 - Java のインストール

引用マップの作成、表示には、最新バージョンの Java ランタイム環境とブラウザープラグインがインストールされている必要があります。

最新バージョンの Java と関連プラグインをインストールするには、[Free Java Download] をクリックしてください。

index

引用レコードについて

引用を分析する際は、以下のことに留意してください。

フォワードのみ引用(引用文献)は、製品の情報源レコードから得られます。

バックワードのみ引用(引用文献)は、情報源レコードと情報源以外の引用文献から得られます。

詳細は、引用数を参照してください。

index

世代について

論文の引用文献と引用記事は、被引用論文および引用論文で 1 世代 とされます。各被引用論文には、さらにその引用文献があり、各引用記事には、さらにその引用記事があります。この第 2 レベルの論文は、2 世代とされます。

注意 ... バックワードのみのノードでは、製品の情報源レコードでない場合や情報源レコードでバリエーションが不正確な場合、2 世代の引用マップは 1 世代で終了します。

注意 ... フォワードのみのノードでは、レコードに引用記事がない場合、2 世代の引用マップは 1 世代で終了します。

index

印刷のヒント

大量な引用数の引用マップ(フォワード、バックワード、または両方)を印刷する場合、以下の操作を推奨します。

  1. [閉じる] アイコンをクリックして、[検索結果セット] パネルと [レコード表示] パネルを非表示にします。

  2. マウスの左ボタンを使用してノードを移動し、引用マップの別のビューを表示します。

  3. back ノードの [折りたたみ] ボタンをクリックして、フォワードビューのみ印刷します。

  4. fwd ノードの [折りたたみ] ボタンをクリックして、バックワードビューのみ印刷します。