index

index

検索履歴の保存

検索履歴は、著者名検索 BETA を除く、サーバーやコンピューターのハードドライブに保存された単一または複数の検索条件です 保存できる検索履歴の数に制限はありません。サーバーに検索履歴を保存するには、ユーザー登録を行いサインインする必要があります。

2019 年夏の時点で、RSS フィードは利用できなくなります

index

サーバーに保存

  1. [検索履歴] ページから、[検索履歴] テーブルの [履歴の保存 / アラートの作成] ボタンをクリックして、[検索履歴の保存] オーバーレイダイアログに移動します。

  2. [検索履歴名] フィールドに名前を入力します。名前には単語やフレーズを使用できます。

  3. [説明] フィールドに説明を入力します。(オプション)

  4. [Email アラート] チェックボックスをオンにして、検索履歴をアラートとして保存します(オプション)。この機能を選択してアラートを使用するには、所属機関がそのデータベースを購読している必要があります。

    検索履歴をアラートとして保存も参照してください。

  5. [保存] ボタンをクリックします。

  6. 履歴 / アラートが保存されたというメッセージを受け取ったら [閉じる] をクリックします。

index

ワークステーションに保存

  1. [ローカルドライブに保存] ラベルの [保存] ボタンをクリックしてダイアログボックスを開きます。

  2. ダイアログボックスにある [保存] ボタンをクリックします。ブラウザーによっては、[ファイルの保存] ボタンが表示されます。

  3. 次のダイアログボックスで、検索履歴ファイルを保存するフォルダーを参照します。

  4. [ファイル名] フィールドにデフォルトのファイル名が表示されます(例: history.wos)。このファイル名は変更できますが、拡張子は変更できません(たとえば、ファイル名を my_search_history.wos に変更できます)。

  5. [保存] ボタンをクリックします。

index

検索履歴をアラートとして保存

所属機関がアラートサービスを購読していて、Web of Science Core Collection を購読している場合は、検索履歴をアラートとして保存できます。アラートは Web of Science Core Collection データベースでのみ利用できます。

アラートは、自動的にデータベースの最新更新を確認して、関連するすべての検索結果を Email します。たとえば、検索履歴が Nanotechnology の場合は、このトピックに関する新しい論文が通知されます。

index

検索履歴アラートの作成

  1. Web of Science Core Collection から検索を実行します。
  2. 検索結果のリストから、[アラートを作成] をクリックします。
  3. アラートの名前を入力します。説明の入力はオプションで、必須ではありません。
    1. [Email アラートを受け取る] は自動的に選択されます。アラートを受け取らないで検索を保存する場合は、[Email アラートを受け取る] のチェックボックスをオフにします。検索を保存した後にアラートを受け取るように変更する場合は、[検索とアラート] ページからアラートの受け取りをオンにします。
    2. [Email アラートを受け取る] を選択した場合、システムが新しい検索結果を検索に追加したときにのみアラートを受け取ります。アラートを頻繁に受け取るには、[検索結果が返されないときに Email を受け取る] を選択します。
  4. [頻度] ドロップダウンボックスから [毎日][毎週]、または [毎月] を選択して、アラートを受け取る頻度を選択します。
  5. [保存] をクリックします。

index

検索履歴アラートの更新

検索履歴は、いつでも更新できます。

Core Collection から、[検索とアラート] > [保存した検索とアラート] をクリックします。アラートの名前、説明、頻度を変更できます。また、[無効][有効] を切り替えてアラートをオフまたはオンにできます。変更を保存する必要はありません。すべての変更はシステムに自動的に保存されます。

index

アラートとセットの組み合わせ

検索ストラテジの組み合わせで最後の検索ステートメントの検索結果だけが Email アラートに含まれます。たとえば、以下のアラートは、セット 3 の検索結果を Email で通知しますが、セット 1 とセット 2 の検索結果はアラートに含まれません。

セット

検索履歴

#3

#1 AND #2

#2

AD=(GERMANY OR POLAND)

#1

TS=(WATER SAME (COPPER OR CADMIUM))

index

アラートの [頻度] オプション

[頻度] オプションは検索している製品データベースに依存します。たとえば、Web of Science Core Collection から検索履歴を保存する場合、[毎日][毎週] および [毎月] オプションが表示されます。しかし、Derwent Innovations Index で検索している場合、[毎週] および [毎月] 更新オプションのみ選択できます。

毎日

前日の更新以降に追加されたレコードの通知を受け取ります。

Web of Science Core Collection および Current Contents Connect でのみ利用できます。

毎週

前回の Email 以降に追加された新しいレコードを通知する Email を一週間に一度受け取ります。

毎月

前回の Email 以降に追加された新しいレコードを通知する Email を一月に一度受け取ります。

重要なノート

アラートを有効にした後にアラートの [頻度] を変更する場合:

  • 頻度を長くすると(たとえば [毎週] から [毎月] に変更すると)、重複するアラートを受け取ることがあります。

  • 頻度を短くすると、アラートが送られてこないことがあります。たとえば、[毎月] から [毎週] に変更すると、最初の毎週アラートに前回の毎月アラート以降のすべての関連レコードが含まれていないことがあります。この現象は 1 回だけ発生します。毎週アラートの受け取りを開始した後にこの現象が発生することはありません。すべての関連レコードが含まれます。

index

検索履歴ファイルの拡張子

デフォルトのファイル名は常に history です(例: history.wos)。このファイル名は変更できますが、拡張子は変更できません。

製品とファイル拡張子

  • 横断検索 (.ua)
  • Biological Abstracts (.bioabs)
  • BIOSIS Citation Index (.bci)
  • BIOSIS Previews (.biosis)
  • CABI (.cabi)
  • Chinese Science Citatin Index (.cscd)
  • Current Contents Connect (.ccc)
  • Data Citation Index (.drci)
  • Derwent Innovations Index (.diisw)
  • Food and Science Technology Abstracts (.fsta)
  • Inspec (.inspec)
  • Korean Journal Database (.kjd)
  • MEDLINE (.medline)
  • SciELO Citation Index (.sci)
  • Web of Science Core Collection (.wos)
  • Zoological Record (.zoorec)

index

リマインダー - 登録およびサインイン

検索履歴を表示するには、ユーザー登録を行いサインインする必要があります。

index

注意

検索履歴の名前に以下の文字を使用することはできません。

アンパサンド ( & )
左角括弧 ( < )
右角括弧 ( > )
引用符 ( " )