index

index

検索演算子

検索演算子 AND、OR、NOT、NEAR、SAME は検索範囲を広くしたり、狭めるのに組み合わせて使用します。

検索演算子を使用する場合、大文字と小文字は区別されません。たとえば、OROror の検索結果は同じです。

1 つの検索条件で最大 50 の検索演算子を使用できます。

index

このヘルプページには、以下のトピックが含まれています。

index

論理演算子

AND

AND を使用して、演算子で区切られたすべての用語を含むレコードを検索します。

OR

OR を使用して、演算子で区切られたすべての用語を含むレコードを検索します。

NOT

NOT を使用して、検索から特定の単語を含むレコードを除外します。

index

近接演算子

NEAR/x

指定したワード数内にそれぞれの用語を含むレコードを検索するには、検索条件で NEAR/x を使用します。用語が異なるフィールドに含まれる場合も検索できます。

x には、用語を区切る最大ワード数を指定します。

/x なしで NEAR 演算子を使用した場合、それぞれの用語が同じ文の 15 ワード内にあるレコードを検索します。たとえば、以下の検索は等価です。

  • salmon NEAR virus
  • salmon NEAR/15 virus

注意 ...

[トピック] および [タイトル] 条件で AND 演算子を NEAR 演算子のコンポーネントとして使用することはできません。たとえば、以下の検索は有効です。

TS=(Brown NEAR "spider bite")

ただし、TS=(Brown NEAR spider bite) は、AND が用語 spiderbite の間で暗黙的な演算子として使用されているため無効です。

一方、OG=(Brown NEAR Rhode Island) は、このフィールドタグが用語 Rhode Island の間で暗黙的な NEAR 演算子を呼び出すため有効です。

index

SAME

[著者所属] 検索では、SAME を使用して、演算子で区切られた用語が同じ著者所属にあるレコードを検索します。括弧を使用して、著者所属の用語をグループにします。次に例を示します。

AD=(Portland SAME Oregon) は、レコードの [著者所属] フィールドに住所 Portland、Oregon、または OR が含まれるレコードを検索します。

別のフィールド([トピック] および [タイトル] フィールドなど)で使用して用語が同じレコード内にある場合、SAME は AND と同じように動作することに注意してください。次に例を示します。

TS=(cat SAME mouse)TS=(cat AND mouse) と同じ結果になります。

index

検索演算子の優先順位

検索で異なる演算子を使用する場合は、この優先順位に沿って検索が処理されます。

  1. NEAR/x
  2. SAME
  3. NOT
  4. AND
  5. OR

index

copper OR lead AND algae は、lead と algae の両方を含むすべてのレコードと copper を含むすべてのレコードを検索します。

(copper OR lead) AND algae は、algae を copper または lead のいずれかとともに含むすべてのレコードを検索します。

index

括弧の使用

演算子の優先順位を無効にするには、括弧を使用します。括弧の中の式が最初に実行されます。

(cadmium AND gill*) NOT Pisces は、cadmium と gill(または gills)の両方を含むレコードで、Pisces を含むものを除くすべてのレコードを検索します。

(salmon OR pike) NEAR/10 virus は、virus の 10 ワード内に salmon または pike を含むレコードを検索します。

index

AND の例

Beverage AND bottle は、両方の用語を含むレコードを検索します。

Beverage AND bottle AND beer は、3 つの用語をすべて含むレコードを検索します。

index

OR の例

Beverage OR bottle は、beverage または bottle(あるいは両方)を含むレコードを検索します。

index

NOT の例

Beverage NOT bottle は、beverage を含むレコードで、bottle を含むレコードを除くすべてのレコードを検索します。

index

NEAR/x の例

Beverage NEAR/5 bottle は、beverage と bottle の両方を含むレコードを検索します。2 つの単語は 5 語以内に存在する必要があります。

index

SAME の例

Mineral Resources SAME Beijing は、レコードの [著者所属] フィールドに用語 Mineral Resources と Beijing の両方を含むレコードを検索します。

index

SAME と検索履歴について

製品の以前のバージョンで作成した検索履歴ファイルを開くときにクエリで SAME 演算子が使用されていると、検索結果が増えます。Web of Knowledge の現在のバージョンでは、([トピック] や [タイトル] など)ほとんどのフィールドで SAME 演算子は AND と同じように動作します。

たとえば、検索条件

TS=Bird Migration SAME TS=South America*

は、現在のバージョンでは以下のように自動的に変換され、

TS=Bird Migration AND TS=South America*

オリジナルのクエリよりも返される検索結果が増えます。

このため、製品の以前のバージョンで作成した検索履歴ファイルを開くときにクエリで SAME 演算子が使用されている場合は、必要に応じてクエリを変更してください。

ノート: 例外は [著者所属] フィールドで、SAME 演算子の規則が適用されます。